キャップバランサー CAP BLANCER

キャップバランサー※1は、反応釜や撹拌槽のマンホール、フィルターハウジングのカバーなど重い上開きの蓋※2を軽々安全に開閉することができるバネ付きの蝶番(ヒンジ)です。バネをヒンジの両外側に配置する構造を採用しており、バネの交換や型式変更を比較的容易に行うことができます。発売以来20年の実績があり、国内、海外の化学、製薬、食品など多くのユーザー様の設備にご採用いただています。
 また、最近の製造現場における安全性に対する要求の高度化に対応するために、任意の開度で静止するフリーストップ型バランサーをラインアップに追加したり、蓋を全開状態に固定する蓋ホルダーオプションを追加しています。

※1「キャップバランサー」はカンテックの登録商標です。

※2上開きの蓋:キャップバランサーは水平の上開きの蓋を傾斜角度0°とした場合、傾斜角度が45°以内のマンホールに使用できます。

バネの力で軽々開閉

重い上開きの蓋やカバーの開閉操作を補助します。

蓋のトルクをバネのトルクで補助することで重い蓋も軽々開閉できます。

どこでも止まり、軽々開閉

重い上開きの蓋やカバーを任意の位置で止めます。

蓋のトルクとバネのトルクを一致させることで任意の位置で重い蓋を止めます。

製品の特長

  • 豊富なラインアップにより、様々な重さの蓋に適応。
  • トルク調整はトルク範囲内無段階、ネジを回すのみ。
  • 分解と組み立ては容易に行え、バネのみの交換も可能。
  • 化学、食品、製薬など様々な分野の装置へ多数の導入実績。

最新情報

  • Webサイトをリニューアルしました。(2018年4月)